12月4日はヤクルト「元山飛優」選手の誕生日!

誕生日の選手の中から気になる選手を勝手にピックアップ!

今回は12月4日誕生日のヤクルト「元山 飛優」選手です。

そこで今回は元山選手についてプロ入り前までの経歴やヤクルトでの活躍をまとめてみました。

6 元山 飛優(もとやま ひゆう)

引用元:東京ヤクルトスワローズ
名前元山 飛優(もとやま ひゆう)
ポジション内野手
投・打右投・左打
身長・体重 180cm・79kg
出身地大阪府
経歴城東ジュニアコンドルス ─ 生駒ボーイズ ─ 佐久長聖高 ─ 東北福祉大 

プロ入り前までの元山選手

元山選手は大阪府の出身で、小学校時代は地元の「城東ジュニアコンドルス」で野球をしていました。小学校入学前に入団して野球を始めたそうです。小学校時代は主に、投手と捕手でチームの中心的存在となっていました。

中学時代は、学校の野球部には所属せずに「生駒ボーイズ」に入団しました。ここで内野手としてプレーするようになります。中学3年時には全日本中学野球選手権(ジャイアンツカップ)に4番遊撃手として出場しました。

高校は、当初PL学園に進学しようと考えていたそうですが、PL学園の元監督が佐久長聖で指導していることを知り、地元を離れ長野県の「佐久長聖高校」に進学しました。高校時代は1年夏から三塁手としてレギュラーを勝ち取り、甲子園にも出場しています。1年の秋から遊撃手として活躍し、3年夏は主将として夏の甲子園に出場しました。

大学は「東北福祉大」に進学します。大学時代は入学直後の1年春からベンチ入りしました。3年時には侍ジャパンの大学日本代表に選出されています。

2020年のドラフト会議でヤクルトからドラフト4位で指名を受けてプロ入りしました。背番号は宮本慎也さんが付けていた「6」が与えれたことからもドラフト4位ながらも球団の期待値が伺えますね。

ヤクルトでの活躍

プロ入り1年目の2021年春季キャンプから1軍に帯同しました。オープン戦での打率は1割にも届かなくプロの洗礼を浴びました。しかし、守備力が評価され見事開幕での1軍入りを果たしました。

シーズン中は遊撃手のポジションを西浦選手と併用での起用されました。1年目は97試合に出場して、208打数53安打、打率.255、17打点、3本塁打という成績でした。

プロ入り2年目の2022年は、長岡選手に遊撃手のレギュラーを取られ13試合の出場に留まり、27打数4安打、打率.148、2打点、1本塁打と少し寂し成績に終わりました。



まとめ

12月4日に24歳の誕生日を迎えた元山選手。今季遊撃手のポジションは高卒入団3年目の長岡選手がつかみましたが、来季は元山選手にとっても勝負の年となりそうですね。

守備力は定評があるだけに、打撃面でパワーアップした姿を来季見れることを楽しみしたいと思います。

個人的に気になった選手など、少しずつまとめているので興味があれば覗いてみて下さい。

現役選手
「現役選手」の記事一覧です。

コメント